Gatsbyのはじめ方に少し手間取ったのでメモ。

要件

  • Node.js 11.0.0
  • NPM 6.5.0
  • Gatsby CLI 2.4.7
$ node -v
v11.0.0

$ npm -v
6.5.0

$ gatsby -v
2.4.7

Gatsby CLIのインストール

Node.js, NPMさえ入っていれば、これは手こずりません。GatsbyクイックスタートのとおりにNPM経由でインストールします。

npm install --global gatsby-cli

Gatsbyサイトの作成

Gatsbyサイトを作成するには、Gatsby CLIのnewコマンドを使用します。しかし、ゼロからサイトを作成するのは大変なので、今回はStarterと呼ばれるサイトテンプレートを使用します。このStarterは、Gatsby1とGatsby2の間で互換性の維持されているものが(試した範囲では)見つからなかったので、ここで適切なものを選ばないと、けっこうハマります。

Starterは、Gatsbyの公式サイトにまとめられており、以下のページで探すことができます。
https://www.gatsbyjs.org/starters/?v=2

Starterは、Gatsby CLIのnewコマンドのオプションに、GitHubリポジトリーを指定することで適用します。今回はこのブログのベースにもなっているGatsby Material Starterを使用してみます。

SITE_NAME="demo-site"
gatsby new ${SITE_NAME} https://github.com/Vagr9K/gatsby-material-starter

Gatsbyサイトの起動

ここまで済めば、あとは起動するだけです。開発モードで起動するとlocalhost:8000でサイトが起動します。

cd demo-site/
gatsby develop

ブラウザでアクセスすると、以下のようなページが表示されます。かんたんでしたね。

Gatsby Material Starter