ビジネスサービス・ファサード

造語と思われるこの耳馴染みのない単語は、Spring のドキュメント内に登場する。

https://docs.spring.io/spring/docs/current/javadoc-api/org/springframework/stereotype/Service.html

(DeepL による機械翻訳)

注釈されたクラスが「サービス」であることを示します。これは、もともと Domain-Driven Design (Evans, 2003) によって「モデル内で独立したインターフェースとして提供され、カプセル化された状態を持たない操作」として定義されていました。 また、クラスが「ビジネスサービス・ファサード」(Core J2EEパターンの意味で)であることを示す場合もあります。このアノテーションは汎用的なステレオタイプであり、個々のチームがセマンティクスを絞り込んで適切に使用することができる。

このアノテーションは、@Componentの特殊化として機能し、クラスパススキャンによって実装クラスを自動検出できるようにします。

以降: 2.5

(原文)

Indicates that an annotated class is a “Service”, originally defined by Domain-Driven Design (Evans, 2003) as “an operation offered as an interface that stands alone in the model, with no encapsulated state.” May also indicate that a class is a “Business Service Facade” (in the Core J2EE patterns sense), or something similar. This annotation is a general-purpose stereotype and individual teams may narrow their semantics and use as appropriate.

This annotation serves as a specialization of @Component, allowing for implementation classes to be autodetected through classpath scanning.

Since: 2.5

ビジネスサービス・ファサードとは、誤解を恐れずに端的に表現するならば、 ユースケースに基づいてビジネスロジックをまとめたものである。

つまり、関連や依存、呼出し順といった、制約の存在する複数のビジエスロジックをまとめ、 内部のビジネスロジック間の制約を意識せずに、一連の処理を呼び出せるように用意する、 ビジネスロジックにファサードパターンを適用したクラスのことである。

以下の記事は、具体的な例も交えてこれが紹介されており、大変わかりやすかったため、リンクを残しておく。

Written by yo1000 | YO!CHI KIKUCHI Loves Spring, Kotlin, Pelikan Fountain pen and FINAL FANTASY VIII!! 🍃🐦🖋️🗡️ GitHub Twitter