WSL のデフォルトディストリを変更する

2020-06-16 Written by yo1000
#Tech#Windows#WSL#IntelliJ#PowerShell

Windows Store から Linux ディストリをダウンロードしたはずなのに、Docker Desktop がターミナルデフォルトになってしまっていたので、変更の仕方を調べてみたときのメモ。

Windows で、IntelliJ IDEA のターミナルペインから WSL を使用する場合、このデフォルトディストリがターミナルシェルとして使用されるため、設定を知っておくと便利です。

なお、IntelliJ のターミナルを WSL に変更する手順は、以前のポストを確認してください。

環境要件

Windows の環境設定ということで、本稿では Windows PowerShell を使って設定を行います。

  • Windows 10 Build 19041
  • WSL 2 (Windows Subsystem for Linux 2)
  • Windows PowerShell
PS C:\Users\****> Get-WmiObject Win32_OperatingSystem


SystemDirectory : C:\WINDOWS\system32
Organization    :
BuildNumber     : 19041
RegisteredUser  : ****
SerialNumber    : ****
Version         : 10.0.19041



PS C:\Users\****> C:\Windows\System32\wsl.exe -l -v
  NAME                   STATE           VERSION
* Ubuntu-20.04           Running         2
  docker-desktop-data    Running         2
  Ubuntu                 Stopped         2
  docker-desktop         Running         2

デフォルトディストリビューションの確認

wslconfig.exe コマンドに /l スイッチを渡すことで、デフォルトのディストリを確認できます。 これまでとくに設定を変更してこなかった場合、最初にインストールしたディストリがデフォルトになっているはずです。 今回は以下のように、Ubuntu(既定) になっていました。

PS C:\Users\****> C:\Windows\System32\wslconfig.exe /l
Linux 用 Windows サブシステム ディストリビューション:
Ubuntu (既定)
docker-desktop-data
Ubuntu-20.04
docker-desktop

デフォルトディストリビューションの変更

今回、Ubuntu-20.04 をインストールしたので、こちらがデフォルトになるよう設定します。 (既定) のディストリを変更するには、wslconfig.exe コマンドに /s スイッチと、変更したいディストリの名前を渡します。

PS C:\Users\****> C:\Windows\System32\wslconfig.exe /s Ubuntu-20.04

/l スイッチで変更を確認します。

PS C:\Users\****> C:\Windows\System32\wslconfig.exe /l
Linux 用 Windows サブシステム ディストリビューション:
Ubuntu-20.04 (既定)
docker-desktop-data
Ubuntu
docker-desktop

Ubuntu-20.04 (既定) となっているのが確認できます。 以降は WSL 実行時のデフォルトディストリが、変更後のものとなります。